東京都 足立区
産婦人科・麻酔科

Majima Clinic
真島クリニック

Close
Close

ご妊娠・妊婦健診のご案内

初診

妊婦健診

ご妊娠がわかったら、継続的に健診をお受けください。毎回、検尿・血圧測定・超音波測定が行われ、必要やご希望に応じてその他の検査が追加されます。

注意事項

2~4ヵ月 当院もしくは地域の初期母親学級を受ける

【内容】
妊娠の成立と前半の経過/妊娠前期の食事と生活/病院内の案内/その他質疑応答

5~7ヵ月 食生活に気をつける

8~9ヵ月 妊娠高血圧症に気をつける

無痛分娩について

当院では、硬膜外麻酔を用いた無痛分娩を行っております。 無痛分娩をご希望の妊婦さんには、妊娠38週頃を目安に計画無痛分娩を行います。 当院では、妊娠8週~10週の妊婦健診で、赤ちゃんの大きさから分娩予定日を決めています。分娩予定日が決まったあと、計画無痛分娩を行う日程を院長と相談し、予約していただきます。(院長は、火曜日の外来は休診です)予約が埋まってしまう場合もございます。ご希望の方は、分娩予定日が決まりしだいお早めに院長にご相談ください。

また、もともと自然分娩希望で途中から鎮痛を希望した方、血圧の高い方、分娩進行に著しく時間がかかっている方などに対しても、可能な限り無痛分娩の対応をしております。適宜ご相談ください。陣痛はいつ開始するかわかりません。そのため、無痛分娩を計画していた日程より前に、陣痛が始まることもあります。そのような場合にも可能な限り無痛分娩の対応をしてまいりますが、夜間や早朝時、人員が不足している場合などでは、安全面を考慮し、対応することができない場合があります。

出産の痛みを緩和させる方法はいくつかありますが、世界的に広く使われているのが硬膜外麻酔を使用した方法です。背骨の中にある硬膜外腔という場所に細くて柔らかいカテーテルを挿入し、間欠的・持続的に必要な分だけ局所麻酔薬を注入します。

当院での計画無痛分娩の場合、入院当日に硬膜外麻酔のカテーテルを挿入し、適切に麻酔が効くことを確認します。その後、子宮の入り口を広げる処置(子宮頚管拡張)が必要な場合には、麻酔が効いている状態で処置を行います。痛みはありませんのでご安心ください。入院当日の夜間は、陣痛がなければ麻酔の投与は行いませんが、いつでも麻酔の投与を開始することが可能です。夜間に陣痛が始まった場合など、痛みを感じることがあればスタッフにお声がけください。

入院翌日の早朝から麻酔の投与を開始し、十分に麻酔が効いた状態で陣痛誘発を始めます。麻酔によって胸から下の感覚が鈍くなりますが、多くの場合、足を動かすことや、努責を行うことは可能です。多くの場合、陣痛による痛みを全く、もしくはほとんど感じなくなります。分娩が進んでくると痛みが出てくる場合もありますが、適宜麻酔薬を追加投与し、可能な限り痛みを取り除いていきます。つらい痛みが長く続くようなことはまずありませんので、ご安心ください。(硬膜外カテーテルを挿入するタイミングは、変更になる場合もあります。)

分娩後、産道に傷があれば縫合によって修復を行います。縫合時にも麻酔が効いているため、痛みもなく、安全に処置をおこなうことができます。縫合は基本的に、吸収される糸を使い埋没縫合で行います。ほとんどの場合、抜糸は必要ありません。

当院では、無痛分娩マニュアル、無痛分娩看護マニュアルを作成し、分娩に関連した急変時の体制、危機対応シミュレーションを年に1回実施しています。

【無痛分娩の長所】

①分娩に伴う痛みを全く、もしくはほとんど感じなくなります。
②体力の消耗が抑えられ、産後の回復が早くなります。
③痛みを感じないことで母体の呼吸状態が安定し、赤ちゃんへの良い影響が期待されます。
④十分な鎮痛が得られるため、分娩後の処置の安全性が向上します。
⑤妊娠高血圧症の方では、分娩の痛みによる血圧の上昇を抑えることができます。
⑥帝王切開での分娩に切り替わった場合も、多くの場合カテーテルから麻酔薬を追加することで手術が行えます。

【無痛分娩の短所】

○比較的よく起こる副作用や不具合

①麻酔により、足に力が入りにくくなります。お一人での歩行は避けてください。
➁いきみが弱くなったりすることがありますが適切に指導いたしますので、みなさんいきむことができるようになります。
③血圧が下がり、お母さんの気分が悪くなることがありますが、点滴により通常はすみやかに改善します。
④麻酔中、尿を出しにくくなることがありますので、膀胱にカテーテルを留置します。麻酔が効いている状態で行いますので痛みはありません。
⑤10%程度の方に発熱を認めることがありますが、解熱剤の使用で改善します。
⑥初めて分娩する方では平均で約1時間、2回目以降の分娩の方では、平均で約30分程度分娩にかかる時間が長くなるといわれています。
⑦効果不良・脱落 等により硬膜外麻酔の入れ替えが必要になることがあります。(5%程度)
⑧無痛分娩では、普通分娩と比較して吸引分娩・鉗子分娩が必要になる可能性が10%程度上がります。(分娩方法が帝王切開にかわる可能性は普通分娩のときと変わりません。)
⑨穿刺により硬膜が傷つき、頭痛を起こす方が、0.1~1%程度いるとされています。

○ごくまれにおこる不具合(50,000分の1~250,000分の1程度)

⑩カテーテルが血管の中に迷入し、硬膜外腔に注入されるはずの麻酔薬が血管の中に注入されてしまうことで、局所麻酔薬中毒(麻酔薬の血中濃度が高くなってしまうことによる症状)が起こることがあります。初期の症状として耳鳴りや舌のしびれ(金属の味を感じるなど)、重症では不整脈やけいれんを起こしたりすることがあります。症状を感じた場合はスタッフにお声がけしてください。硬膜外麻酔を入れ替えるなど適切な対処をとります。初期症状のうちにお声がけいただければ、重症となることはありませんのでご安心ください。 万が一重症化した場合には、治療薬の投与や人工呼吸など、適切な処置を行います。
⑪文献的には、穿刺により硬膜外腔に血のかたまりや膿のたまりができ、一時的もしくは永久的な神経の障害(知覚異常、下半身麻痺など)が起こることがあると報告されています。
⑫文献的には、カテーテルが硬膜外腔の奥にある脊髄クモ膜下腔に入り、全脊髄クモ膜下麻酔となることがあると報告されています。この場合、血圧が急激に下がったり、呼吸ができなくなったり、意識を失ったりすることがあります。万が一発生した場合には、人工呼吸をはじめとする適切な処置を行います。

【無痛分娩中の注意点】


【無痛分娩の費用】

当院で無痛分娩を行った場合は、麻酔開始のタイミング、分娩終了までの時間、分娩方法に関係なく(帝王切開分娩に変更となった場合も含む)、分娩費用に15万円が加算されます。

【無痛分娩管理者・麻酔担当医】

真島 実
(経歴)
平成18年 日本大学医学部卒業、聖路加国際病院 産婦人科コース初期研修医・後期専門研修医
平成24年 聖路加国際病院 女性総合診療部、麻酔科
平成28年 東京都立大塚病院 産婦人科、麻酔科
平成29年 真島クリニック
平成31年 真島クリニック理事長・院長就任
無痛分娩経験症例 1000件以上
真島クリニック 無痛分娩施設情報

母親学級について

当院では、前期・後期の二回に分けて、母親学級を開催しております。
前期の母親学級では、食事・生活習慣・体重など、妊娠中に注意すべき点についてお話します。
後期の母親学級では、分娩に向けての体づくり・分娩の開始から出産まで・分娩の方法・赤ちゃんや育児の準備などについて、お話します。
いずれも、助産師・他の妊婦さんなどとコミュニケーションをとることで、妊娠・分娩における漠然とした不安点などを解消します。

外来待合に母親学級の日程のご案内をいたしておりますので、ご確認ください。